スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな部屋から(52)~小春と恋待浜




加寿が人魚の国へ行ってから1年が過ぎた

小春は、仕事が終わると

恋待浜へ寄り帰る日々が続いた

雨の日も、風の日もだ・・・

浜辺のベンチに座り波を眺め加寿の顔を思い出す

ポツリと加寿の名前を・・・「か・ず・ん」

そして今日も、恋待浜のベンチに小春はいた

夕方の浜辺を手をつなぎ歩く若いカップル

犬と散歩する人

隣のベンチには、老いた夫婦が海を眺めていた

砂浜に寝そべり、タバコをふかす人

仕事の後の、ひと時を過していた

いろんな人達を眺め、

その人の事を想像していた

そして、加寿がここにいたら

きっと、浜辺を散歩したり

一緒にベンチで沈む夕日を眺めたり・・・

そんな、加寿を待つ生活に少しだけ慣れてきた小春だった

ただ、寂しさだけは変わる事がなかった

一方、来夢の中の加寿は

あれ以来、激しい頭痛も無く

加寿が出てくる気配を見せなかった

加寿自身も、記憶を取り戻す事なく

来夢の瞳から見えて来る物

来夢の耳から聞こえてくる音や声を

聞いているだけだけだった






話と関係のない写真が続きました
彼岸も終わり、彼岸花が満開で・・・
さて、話もそろそろ最終回にもっていこうかと思います
次回あたりかな?



スポンサーサイト

小さな部屋から(51)~その頃、加寿は?




その頃、来夢の中の加寿も

妙な頭痛を感じていた

その痛みが懐かしくも感じた

そして、その後

懐かしい声が聞こえた気がした

その声に、愛しさと切なさを感じた

それと一瞬だが、違う景色が見えた気がした

見えない所から、いろんな声が聞こえてくる

それは、まるで自分が閉じ込められていて

外の世界の声が聞こえてくるように感じた

この状況に覚えがある

でも、今は分からない

必死に考えた

でも、分からない

・・・・・・・・・・

「来未、なんか変なんだよ

 頭痛の後、

 自分が消えた気がしたんだ?」

来夢が来未に言った

「なんだか、少し様子が変だったわ

 それと、同じような様子を以前に見たことがある気がして・・・」

ふたりの会話は、加寿にも聞こえていた

俺は、この人達と深い関係がある

そう確信した

そして、あの愛しい声の主は?

もう一度、聞きたい・・・

声が・・・

そして、会いたい

顔を見てみたい

抱きしたい

切ない思いで溢れた(´;ω;`)







台風どうでしたか?
すごい雨で、被害もあって大変でしたね
私の近所は大丈夫でしたが
近くの川の水が煽れそうに増えて
橋の上に居ると流されそうで怖いくらいでした








小さな部屋から(50)~加寿はどこ・・・




思いつきで、浜松さんの家のドアを開けた小春

その時、家の中から聞こえてきた

来未さんの声

「来夢!

 どうしたの?」

驚きの声だった

小春は、何事かと思い

他人の家だが入った

そこには、床に倒れる来夢

そして、それを心配する来未がいた

「来未さん、どうしたの?」

小春は尋ねた

「わからないの?

 突然、頭を抱えて倒れたの」

小春は、思った通りだと・・・

来夢の手の中を見た

そこには、桜貝のイヤリングが・・・

小春は期待した

加寿が現れると!

来夢が目を覚ますのを待った

1分くらいだろうか、無音の時が過ぎた

そして、来夢の瞳が開いた

「かずん!」

小春は、思わず大声を出してしまった

が、

「あああ~

 急に頭が割れるように痛くて

 意識が・・・」

その声や、話し方は加寿ではなくて来夢だった

目を覚ましたのは、加寿では無く来夢だったのだ

「小春さん、どうしたの?

 突然!加寿さんの名前を呼ぶなんて?」

小春は、思った事を話すことが出来なかった

ふたりに、黙って家に入ったことを謝り

加寿の名前を叫んだ事を、適当にごまかし出ていった

部屋に戻った小春は、ベットに倒れ込むように横になった

そして、そのまま眠ってしまった

そんな小春の瞳からは涙が零れていた






うううん!
なかなか加寿が現れませんね!
小春の思い付きは良かったんでんすがねぇ~
さてさて、次回はどうなることか
1週間以内には、書けるように努力します




小さな部屋から(49)~小春のひらめき




月日は9月になった

毎日、雨が降り

暑かった8月を少しだけ忘れさせてくれた

しかし、小春が加寿を忘れる事はなかった

一方、加寿の方は

記憶を無くし、来夢の中にいた

加寿と来夢の立場が逆になってしまった

どうしたらいい?

小春は悩み考える毎日だった

部屋の窓から雨の風景を眺めていた

こんな雨の日でも、加寿が居てくれたら・・・

きっと楽しいのに・・・

そして、ふと思いついた

加寿が、あのイヤリングを手にした時に

頭痛を感じてラーニーが現れた事を

もしかして、来夢も同じなのではないか?

イヤリングを手にすると加寿が現れるのでは?

思いついたら居ても立っても居られなくなった

立ち上がり、玄関に向かった

隣という事もあるが、雨の中を傘もささず出ていった

そして、チャイムも押さず玄関のドアを開けていた






なんだか、毎日大変ですね
雨だとか、竜巻だとか・・・
8月の天気が嘘みたいです
だいぶ涼しくなりましたが
まだ暑い日もあるんでしょうね
災害のない事を祈ります




プロフィール

がじゅ丸

Author:がじゅ丸
写真?
満足な写真は撮れません!
文章?
書くのが好きなだけです!

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
がじゅ丸カウンター
カテゴリ
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。