スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前4時




午前4時、

真夜中を少し過ぎ 闇が朝を待っている頃

男は無言で暗闇を見つめていた

何も考えず ただ暗闇を・・・

何も無い田舎街の工場の外には

無意味な信号機が 赤と、黄色に点滅してはいたが

車など1台も走ってはいない

遠くには街灯が弱々しくも誰かを待っていた

寂しげな夜景だが

男は、そんな光を見つめていた

この時間に、少しだけ癒され微笑んでいた

しかし、工場のチャイムが男を現実の世界へ引き戻した

夢も希望もない仕事が始まった

今日も、あと3時間だけ我慢しようと

男は寂しげな夜景に背を向けた・・・






なんだ、この写真は
と怒りの声が聞こえて来そう。。。
真っ黒じゃん
だって、田舎の夜はくらぁ~い

でも、夜景の撮り方下手すぎ




スポンサーサイト

こころ




世界は小さかった

この部屋から出る事はなく

抜け出す事が出来なくて

彷徨い、迷い…

自分の首を絞めていた

季節が変わると

窓からの景色は変わる

だけど、変わることの出来ない自分







私の部屋の窓からの景色じゃないよぉ
こんなすごい庭ないから・・・
ここも、先回に続きモミジの落ち葉が絨毯みたいで綺麗だった
そろそろ、紅葉もネタしきたかな
季節に追いつかないとね





辛くない?

「辛くない」って、言えばそれは嘘

嬉しい?

「嬉しい」って、言えばそれも嘘

悲しくない?

「悲しくない」って、言えばそれは嘘

楽しい?

「楽しい」って、言えばそれも嘘

嘘ばかりを身につけ

嘘の時間を追いかけて

貴女との時間を求め彷徨う





今日の写真は、紅葉の名所
福井県大野市の「刈り込み池」
池には綺麗に染まった紅葉が映り込み
バックには雪山
白山かな・・・


意味の無い事・・・



ブラインドーの隙間からの日差しで目が覚めた

夜通しの残業で疲れきっていた

ベットにまで持ち込んだグラスの中では氷が溶け

私の人生をあざ笑っているように思えた

熱いシャワーを浴び無理やり体に命を与えた

あれから2年も過ぎたというのに何も変わらない

結局、人は変わる事が出来ないのだろうか?

無意味に朝を向かえ、無意味に仕事をこなし

無意味な文書を書く・・・






またまた、花の写真ですぅ。
庭に一厘、真っ赤な薔薇が咲いてたので
赤が綺麗に出なかったので
PCで少しいじってみました



彼は、物事を理解する事が出来なかった。

ここから遠く離れた所、たぶん直線距離で1000Km以上はあると思う。

そこで、何が行われているか?

その出来事が、彼にとって重要な事なのに。

彼はこの世界が滅び、新しい世界が生まれる事に期待をしていた。

なぜなら、すべてを奪われ得られる物が何も無かったからだ。

たとえ朝日が彼を照らしたとしても、目が覚める事はない。

彼は、暗闇が支配した頃に目覚める。

闇の中でシフクを肥やす事を求めた。

この世界が暗闇に沈み、幸福な人々からもすべてを奪われる事を望んでいた。

闇の中で、不気味に光る黒猫の瞳のように・・・







プロフィール

がじゅ丸

Author:がじゅ丸
写真?
満足な写真は撮れません!
文章?
書くのが好きなだけです!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
がじゅ丸カウンター
カテゴリ
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。